スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

オダギリジョー、原作“読まず"に撮影やりきった!

2007.01.31(17:06)
原作が200万部以上売れているリリー・フランキーの人気小説本を映画化した『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(4月14日(土)公開)の完成記者会見が30日(火)、都内で行われ主演のオダギリジョーをはじめ、本格的に映画初出演となった内田也哉子らキャスト陣が登場した。

 リリーが、亡き母へのい思いを全身全霊で綴り、すでにスペシャルドラマや今年1月からは速水もこみち主演で、テレビドラマ化もされるなど反響は大きい。主人公・ボク役のオダギリは「期待された作品で、重く感じています。でも、実は原作が“泣ける"と聞き、敢えて読んでいなかったら、ある日出演のオファーがあり、そのまま読まずに演じました!」と告白。その分“ニュートラル"な立場で役柄を演じることができたといい、また「自分に重なる部分がたくさんありましたね」とコメントした。

 一方、女優・樹木希林とロック歌手・内田裕也の実娘で、今作で本格的な映画出演を果たした内田也哉子。劇中では、樹木扮するオカンの若い頃を演じた。「母には(出演は)自分で決めろ!と言われ、決意しました。何か、自分と似ているようで…でも、母親の方が(オカンより)100倍毒がありますがね!」と語り、笑いを誘っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000020-oric-ent&kz=ent
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。