スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

安藤 美姫

2006.07.31(16:45)
安藤 美姫(あんどう みき、1987年12月18日 - )は、日本の女性フィギュアスケート選手である。身長161cm。血液型O型。オリオンフィギュアスケートクラブ所属。日本オリンピック委員会の選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。愛称はミキティ、アンミキ。 来歴
愛知県名古屋市出身。

8歳でスケートを始める。全日本ジュニア選手権を3連覇(2001年~2003年)。シニアの全日本選手権でも2連覇(2003年・2004年)。14歳のときに出場した2002年ジュニアGPファイナルでは、女子の公式競技会では史上初となるクワドラプル(quadruple,4回転)サルコウを成功させた。2006年トリノオリンピック出場。

中京大学付属中京高等学校卒業後、2006年4月よりトヨタ自動車に入社(それ以前の2005年より同社テレビコマーシャルに出演中)し、その支援の下でスケートを続け、一方で在職しながら、中京大学体育学部に社会人学生として進学予定。


メディアへの進出
フジテレビ系のテレビ番組『トリビアの泉』内の企画『トリビアの種』で、「フィギュアスケート選手は何回転で目を回すのか」という企画に挑戦し、1,000回転させても目を回さないという驚異の平衡感覚を証明した。


2005年4月1日開催のプロ野球・読売ジャイアンツの地元・東京ドーム開幕戦である広島東洋カープ戦に来賓として招かれ、始球式を担当。


国体における入場制限
2005年冬季国民体育大会(やまなし・ゆめふじ国体)の女子フィギュアスケートの部に出場した。 その際、あまりの異常人気ぶりに彼女見たさで収容人員900人の小瀬スポーツ公園アイスアリーナに、収容能力を遥かに超える観客が詰め掛け、入場制限が掛けられる事態となった。


フィギュア王国愛知
彼女の躍進と同時に、恩田美栄、浅田舞・真央姉妹、中野友加里など愛知県出身の女子フィギュア選手の活躍が目覚しくなっている。伊藤みどりを育てた山田満知子コーチなど指導陣の豊富さと、市内中心部の大須の大須スケートリンクや港区の邦和スポーツランドなど練習施設が整備されていることが背景になっているようだ。

スポンサーサイト
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。