スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

番組ねつ造 関西テレビ中間報告 社員のチェック機能せず

2007.01.30(16:14)
 人気テレビ番組「発掘!あるある大事典2」(今月23日に放送打ち切り発表)のねつ造問題で、制作した関西テレビ(大阪市北区)は29日、「納豆ダイエット」をテーマにした回(今月7日放送)についての内部調査の中間報告を明らかにした。報告によると、関西テレビから孫請けしたテレビ制作会社が当初のテーマの納豆に固執して無理な取材・編集を続け、ねつ造につながったとしている。関西テレビのプロデューサーは6、7回のチェックの機会があったのに見抜けなかった。
 関西テレビによると、「納豆」は、下請け制作会社の「日本テレワーク」(東京都品川区)から孫請けした「アジト」(同)が、スタッフ7人で制作した。「アジト」は「あるある」シリーズの全520回のうち「納豆」を含め57回の制作を担当していたという。
 昨年8月11日、1月7日放送分について「短期ダイエット」のテーマで「アジト」が担当することが決定。大豆たんぱくの主成分の一つが内臓脂肪の減少に効果があるとの研究に着目し、「納豆」をテーマに選んだ。
 途中で取材が難航したが、アジトのスタッフは納豆に含まれる別の成分に目を付け、11月以降も企画を進めた。12月11日、被験者を集めて実験をし、採血まで行ったのに、アジトのディレクターが「分析に時間がかかり、放送に間に合わない」と判断して検査に出さず、データをねつ造した。また、編集作業で架空のコメントなどを付けたらしい。
 企画から放送までに、関西テレビの社員プロデューサーは6、7回取材ビデオなどを見て、チェックをしたにもかかわらず、ねつ造を見抜けなかった。
 この日の記者会見に関西テレビの千草宗一郎社長は出席せず、報道各社の質問に主に応対した福井澄郎取締役は「結果としてチェックできなかった」と体制の不備を認めた。
 また、有識者で作る外部調査委員会のメンバーとして、弁護士の熊崎勝彦・元最高検公安部長ら5人が決まった。30日に東京都内で第1回の会合を開き、3月中旬をめどに報告をまとめる。【「あるある」問題取材班】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000004-maip-soci&kz=soci
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。