スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

東国原知事 1千万円下回る工事も一般競争入札導入へ

2007.01.30(16:13)
 宮崎県の東国原英夫(そのまんま東)知事は29日、同県発注の公共事業において、予定価格が1000万円を下回る工事でも一般競争入札を導入する考えを明らかにした。宮崎など3県の知事が辞任した一連の官製談合事件を受け、全国知事会は昨年末、一般競争入札の適用範囲を「1000万円以上」とする談合防止策を決めているが、さらに厳しい基準の設定を約束した。
 東国原知事はこの日、当選の報告のため全国知事会(東京都千代田区)を訪問。記者団に「前知事の官製談合事件で非常に悔しい思いをした。新しい宮崎モデルを作り、襟を正していく姿勢を強く全国に示していきたい」と語り、1000万円未満の工事での一般競争入札を導入する方針を示した。ただ、具体的にいくら以上の工事で導入するかについては「114万県民の1割に当たる建設、土木業関係者の生活を守ることと併せながら、議会とも議論して早急に示せればいいと思う」と語るにとどまった。
 宮崎県では現在、1億円以上の公共工事を一般競争入札の対象としている。競争性や透明性を高めるため昨年9月からは5000万~1億円の工事で一部試行されている。【清水隆明】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000007-maip-pol&kz=pol
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。