スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国で他に例がない奇病にかかった幼児―雲南省

2007.01.27(12:38)
2007年1月25日、雲南省景東イ族自治県の生後14か月の男の子・成成(チョンチョン)君は、頭が普通の子どもより大きいだけでなく、首から顔にかけて赤い大きなあざが広がっている。両親はずっと脳水腫と思い、4か月の間昆明市で治療を行っていた。しかし病状がなかなか上向かなかったため、ついに北京の病院で診察を受けることを決心した。

診察の結果、成成は「スタージー・ウェーバー症候群(Sturge-Weber syndrome)」という非常にまれな病気にかかっていたことが分かった。この病気には効果的な治療法がないどころか、国内での症例さえ見つかっていないという。清華大学第二付属病院玉泉病院の神経外科・陳国強(チェングオチアン)主任は、「治療は非常に難しい」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000002-rcdc-cn&kz=cn
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。