FC2ブログ


南極観測隊、氷床深部から岩粒採取に成功

2007.01.27(12:19)
 文部科学省は、南極内陸部の「ドームふじ基地」で氷床の掘削を進めてきた第48次南極地域観測隊(宮岡宏隊長)が、深さ3035・22メートル地点付近で、直下の岩盤の一部とみられる岩粒などを採取したと、発表した。

 観測隊が目標としてきた岩盤への到達は達成できなかったが、国立極地研究所では「岩粒からは、バクテリアなどの微生物が採取できる可能性がある。今後、成分を分析して、詳しい状況を明らかにしたい」としている。

 同観測隊は昨年12月半ばから、標高3810メートルの基地の下にある氷床の掘削を再開。03~06年に掘り進めた深さ約3028メートル地点から、残り数メートルとなった岩盤に向けて、今月26日まで作業を続けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000102-yom-soci&kz=soci
スポンサーサイト



未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |