スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

大物アーティスト、チケット代高騰比較

2007.01.22(01:33)
 アルバムの売り上げは年々下がり続けている米国音楽業界だが、ストーンズ、U2、マドンナなどのベテランアーティストは、高額のコンサートチケットを売り、軒並みツアーを成功させている。

 ローリング・ストーンズの「ア・ビガー・バン・ツアー」が437万ドルの収入を上げ、06年最も興行成績を記録したツアーとなった。以下続くのは、マドンナのコンフェッション・ツアー(195万ドル)、ボン・ジョヴィ(131万ドル)、U2(96万ドル)、ティム・マックグロウ&フェイス・ヒル、シルクドソレイユ、バーブラ・ストライザント、ケニー・チェスニー、デイヴ・マシューズ・バンド、エアロスミスだ。

 05年から開始したストーンズのツアーは、アメリカでは06年も即完売したわけではなく、日によっては学割なども設定し、若いオーディエンスが少しは行きやすくなるようにと若干値下げもしたようだ。実はここ数年アメリカのコンサート・チケットの値段は尋常ではない勢いで上がりつづけている。例えば、ストーンズの場合、定価で最も高いチケットは450ドル。これに税金や手数料などが入るので実質1枚約500ドルになる。ストーンズだけでなく、マドンナもフロア・レベルは、350ドルという値段で売り出され、しかし、チケットは瞬く間に売り切れた。

 チケットの値段がいきなり高騰し出したのは、マドンナが04年に行った「リ・インベンション・ツアー」のときからだ。フロア席が300ドル代だったのでかなり驚いたが、300ドルのチケットから売り切れたのだ。今回のツアーで50ドルの値上げをしても、追加公演を出す勢いでチケットは売れつづけた。ストーンズも、03年のツアーでは最高額350ドルだったのが、今回はいきなり450ドル。その他、U2も、ストーンズに比べると定価は安いが、それでも、01年に行われた「エレベーション・ツアー」の定価最高額は130ドル代だったのに、05年の「ヴァーティゴ・ツアー」の最高額は一気に30ドルも値上げの160ドル台だった。

 しかし面白いのは、これだけの値段設定にオーディエンスは、トップ10のアーティストに限って言えば、付いてきているということだ。今上げたアーティストのほか、07年にツアーを行うザ・フーや、05年のポール・マッカートニーなどは容易に高いチケットを売り切る。ミュージシャンにとってもファンにとってもこれは幸せなことだと思うが、この現象の問題は、あまり未来がないことだ。
 アクトもオーディエンスもすでにベイビーブーマー世代であり、例えばストーンズと争ってスタジアムを売り切るような最新の若いロック・バンドなどは皆無だ。若くても、最近活動を再開したガンズ・アンド・ローゼズやパール・ジャム、NIN、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、グリーン・デイと90年代アーティスト。彼らは、もっと値段を上げても売り切れると思うが、平均50ドルでチケット代を抑えようとしている。ちなみにブルース・スプリングスティーン、ボブ・ディランなども100ドル以内で売りつづけている。
 彼らに続くのは、コールドプレイくらいか。またはエミネム、マライア・キャリー、ジョン・メイヤー、ジャスティン・ティンバーレイクなどだが、より若い世代をファンに持つアクトは、04年のマドンナの後、値段を高くしすぎて失敗したことがあるので、慎重に値段設定は行っている。さらに、ここ数年は、コー・ヘッドライナーという形でアリーナを埋めることもある。しかし、いずれにしても彼らが20年後にストーンズのように500ドルのチケットを売っているかというと、また疑問である。

 かつてのように、チャートがツアーの成功に比例するというわけでもなく、例えば、ローリング・ストーンズの『ア・ビガー・バン』のアルバムはアメリカでは2005年度の年間チャートで188位にとどまった。また最近ではチャートを牛耳るヒップホップやポップ・アーティストがそのままアリーナに人を呼ぶ、ということはなくなってきているようで、彼らの場合は、売り上げで成功しているロック・バンド、例えばいまだに根強いファンが多い90年代のバンドほどファンと深い関わり合い方をしていないのかもしれない。
 というわけで、コンサートというより、ブロードウェイ・ミュージカルのロングランに近い感じで、観客がいるショーは終わらない。ストーンズは07年もツアーの噂だし、コンサートのあり方は大きく変わり始めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070119-00000026-oric-ent&kz=ent
スポンサーサイト
ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。