スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ハケンの品格

2007.01.14(16:16)
ハケンの品格(はけんのひんかく)とは、2007年1月10日から、毎週水曜日22:00-22:54(初回は、22:00-23:09)(JST)に日本テレビ系列のテレビ局で放映されている連続テレビドラマである。

概要
主演の篠原涼子は、TBS系の『花嫁は厄年ッ!』から、1クールおいての連続ドラマ出演となり、日本テレビにおいては2005年4月期の『anego』以来の連続ドラマ出演となる。正社員と派遣社員の対比をコメディータッチで描いているが、現代社会への社会風刺も含まれている。

あらすじ
派遣社員として特Aランクの評価を受ける春子(篠原涼子)が3ヶ月契約で食品会社の営業事業部マーケティングに雇われる。社内の人間関係に追われつつも、与えられたノルマを淡々とこなし、相手かまわず言いたいことを言う。残業は一切しない。周囲の人間はそんな彼女に振り回されながらも次第に認めていく。

キャスト
大前春子(おおまえ はるこ) - 篠原涼子
?歳、スーパー派遣社員。時給は、超高破格の3000円で特Aランクに入っている。いつも、3ヶ月限定の仕事が済むと必ずどこかにいなくなる。私生活・趣味・恋などについて自分のことは絶対に人には絶対に話さない主義である。謎めいた女であり、笑わないのが彼女のやり方だが、休日は笑う。また、仕事は素早く会社からの信頼は深く、超難関の資格を26個も持っている。人と関わりたくないのか、例え上司であっても憎まれ口を叩くが言っている事は間違っていない。心優しい部分もある。口癖は、「…何か?」である。フラメンコが得意なようである。
森美雪 - 加藤あい
23歳、新米ハケン。新卒入社試験全てに落ち、アルバイト生活を送っていたが新たな仕事をゲットするために「ハケンライフ」に登録する。(アルバイト時の年収81万円)
里中賢介 - 小泉孝太郎
30歳、新設のマーケティング課主任 。事実上の左遷人事であるが、それでも何とか仲間をまとめようと努力する。武と仲が良い。(年収580万円)
東海林武 - 大泉洋
32歳、販売二課主任。賢介と同期で仲が良く部内の出世頭。正社員からの信頼は厚い一方で強烈なアンチ派遣主義者である。仕事はできるが性格に難がある春子に反発する。春子から「クルクルパーマ」と言われてしまう。(年収625万円)
浅野務 - 勝地涼
23歳、新入社員で昆虫マニア。何故か理系で機械に精通。(年収475万円)
黒岩匡子 - 板谷由夏
30歳、販売二課社員。賢介、東海林と同期のキャリアウーマン。正社員である自分を誇りに思っている。派遣を見下し、「ハケンさん」と呼んでいる。(年収520万円)
一ツ木慎也 - 安田顕
30歳、派遣会社「ハケンライフ」マネージャー 
天谷リュート - 城田優
20歳、フラメンコギタリスト
小笠原繁 - 小松政夫
62歳、嘱託社員。高度成長時代に会社を支えた所謂団塊の世代。会社をこよなく愛しているが現在は敢えて昼行灯の世話好きジジイを演じている。実は人壊こく、説教好き。(年収480万円)
天谷眉子 - 白川由美
58歳、タプラオのママ
霧島敏郎 - 松方弘樹
60歳、営業部長。マーケティング課も兼ねているが忙しいため事実上東海林に任せっきりにしている。以前総務部時代に春子の凄腕っぷりを体験しており、彼女に理解を示している。明るくて憎めないがその実、仕事においては結果最優先で冷徹な一面もある。何故か純愛主義者。(年収1600万円)
竹井瞳
23歳、派遣社員。(年収253万円)
島田香
24歳、派遣社員。(年収269万円)

主題歌
中島美嘉 「見えない星」(ソニー・ミュージック)

スタッフ
脚本:中園ミホ
音楽:菅野祐悟
プロデューサー:櫨山裕子、内山雅博
演出:南雲聖一 ほか
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。