スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

水樹 奈々

2006.10.10(22:07)
水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日 - )は、愛媛県新居浜市出身の女性声優、歌手です。シグマ・セブン所属。新居浜市立泉川小学校、泉川中学校を経て堀越学園堀越高校卒業。血液型はO型、身長153cm。本名は近藤 奈々(こんどう なな)。

愛称は奈々ちゃん、奈々様、ヘッド。声優以外にも歌手としても精力的に活動しており、近年、夏と冬にライブコンサートを開催している。
幼い頃より両親の歌謡教室で歌を学んでいた為、歌唱力には定評がある。中学時代は卓球部に所属していた。
家族構成は父、母、妹(コーラスとして一部楽曲に参加)、そして本人。
好きな食べ物は数の子、カレー、徳島製粉の金ちゃんヌードル。好きな飲み物はフルーツ紅茶。
苦手な食べ物は刺身などの生もの、トマト。最近になってレバ刺しをどうにかクリア(2005年8月現在)。
尊敬する人は美空ひばり。
歌手デビュー当初はパイオニアLDC(現:ジェネオンエンタテインメント)に在籍していたが、後にキングレコードに移籍(スターチャイルドレーベルではない)。
ライブツアーなどはきつい日程でも決して手抜きをせず、身長153cmの小さな体のどこにあれだけの体力があるのかとファンを驚かせる。

声優界きっての阪神タイガースファン
父親が硬式野球の審判の免許を持っており、本人は熱心な阪神タイガースのファンとして知られる。以下は、そんな彼女の阪神にまつわるエピソードである。
最初は高校野球の方が好きだったが、読売ジャイアンツファンの父に影響されて巨人ファンになった。ところが1996年のシーズンオフに清原和博(現:オリックス・バファローズ)がFAによって巨人に移籍した頃から「巨人はズルイ」と思い始め、当時最下位の常連であった阪神へと傾倒、情けで応援をしていたつもりがどんどん阪神の魅力にハマリ込んでゆき、現在に至る。
星野仙一(現:阪神シニアディレクター)をこよなく尊敬している。
最近のお気に入りの選手は矢野輝弘。2006年1月に行われた水樹奈々武道館ライブで、矢野本人からのビデオメッセージとサインボールをプレゼントされた。
なお、声優雑誌「hm3」での彼女のインタビュー記事では、ジャンル外であるにもかかわらずほぼ毎回といっていいほどの頻度でインタビュアーから「阪神ネタ」の質問が為される。


地元ののど自慢大会荒しと呼ばれ、せとうちのど自慢10周年記念全国大会でグランドチャンピオンとなった(優勝した)のがきっかけで、そのとき審査員だった人の目に留まりスカウトされて上京、堀越学園芸能活動コースへ入学。初めは演歌歌手を志していた。そのため、日本武道館でライブを開催出来る程の歌手になった現在でも「新宿コマ劇場での歌謡ショー開催」の夢を持ち続けている。歌手としてスカウトされたはずなのに、そのスカウトに「声優に興味があるか」と聞かれたとのこと(文化放送「超機動放送アニゲマスターで本人談)。
堀越学園在籍時には、KinKi Kidsの堂本剛と同じクラスだった。さらに、その堂本剛と日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿」で共演していた女優のともさかりえとも同級生。堀越在籍時には、代々木アニメーション学院声優科にも並行して通っていたが、それを学業と両立させ堀越学園卒業時に、全コースから学業優秀、品行方正の卒業生1人に贈られる堀越賞を芸能コースから草剛以来史上2人目に受賞した。
2001年、アニメ「七人のナナ」で、声優の秋田まどか、浅木舞、中原麻衣、名塚佳織、福井裕佳梨、桃森すももとともにnana×nanaというユニットを結成し、その主題歌を歌った。
2001年、シスター・プリンセスをきっかけに、桑谷夏子、小林由美子、望月久代とともにユニット・Prits(プリッツ)を結成し、以降シングル3枚、アルバム1枚を発表した(このアルバムではLINDBERGのヒット曲「GAMBAらなくちゃね」をカバーしている)。
2002年、ラジオ番組「水樹奈々 スマイル・ギャング」放送開始。番組内で流される彼女のCDのラジオCMは特別バージョンであり、番組アシスタントでもある後輩福圓美里とのボケツッコミによって、聞いている方も何のCMだか分からなくなりそうな内容となっている。
2003年、7thシングル「New Sensation」が「学生の応援歌」として北海道新聞の記事に掲載された。
2003年大晦日、幕張メッセにてカウントダウンライブを行なった。
2005年1月2日、椎名へきる以来の声優として2人目の日本武道館でのコンサートを開催した。
2006年1月21日、バースデーライブとして2度目の日本武道館公演を開催。彼女は3歳から上京するまでの15歳までピアノを習っており、「宝物」を弾き語ってその腕前を初披露した。
2006年4~6月に放映された「獣王星」では、かつての同級生・堂本剛よりも先にその相方・堂本光一と共演している。
スポンサーサイト
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。