スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

扇愛奈

2006.09.25(20:47)
扇愛奈(おうぎ あいな、1985年7月4日 - )は日本のシンガーソングライター。現役女子大生。神奈川県藤沢市出身。A型 小、中学校と私立の女子校生活を送るが、校則が厳しく自由に音楽活動が出来なかった為、親の反対を押し切って高校推薦を蹴って、別の高校を受験。
高校ではロックバンドやコミックバンド、さらには聖歌隊などにも入るなど、音楽にのめりこんでいった。
同時期、ネットの有名音楽サイトにも自作曲を発表するようになり、数千曲中軒並みトップ10に入り話題となった。
バンド活動と平行してシンガーソングライターとして曲作りに励み、送ったデモテープがきっかけとなりメジャーデビューが決定する。デビュー前には自作曲の数は100曲近くにもなっていた。
2005年8月24日、デビューミニアルバム「扇愛奈入ります。」でビクターエンタテインメントからデビュー。
2006年1月1日、1stシングル「輪廻」をリリース。「THE JUON」で日本人監督として初の全米NO.1を獲得した清水崇監督の最新作「輪廻」の主題歌に起用。オリコン最高位76位ながらも、この曲の着うた、着メロ、携帯・WEB上からのダウンロードは各ランキングで軒並みベスト10に入るなど上位をキープし続けた。
2006年2月1日には2ndシングル「レトルト」をリリース。壮大なロックバラードに仕上がっている。
2006年3月8日にも1stフルアルバム「ニッポンの150cm」をリリース。「輪廻」「レトルト」と続く3ヶ月連続の発売。
2006年9月21日にシングル「レベルアップ」をリリース予定。お笑いコンビのハリセンボンをプロモーションビデオに起用、発売前から話題を集めている。

楽曲の予想も付かぬ転調や、気持ちのいいほど裏切られる展開に人気が集まっている。また、体は小さいが男らしさにあふれ、本人曰く「男らしさの裏にある女らしさ」的な詞も女子中高生などを中心に圧倒的な支持を得ている。
オフィシャルHPのBBSに書き込むと本人自らがレスを付けてくれるなど、気さくさも人気に拍車をかけている。
「輪廻」の主題歌「輪廻」は「呪怨」で日本人として初めて全米No.1を獲得した清水崇監督が、当初は主題歌は使用しない意向だったのだが、「扇愛奈入ります。」の楽曲を聞いて、扇に主題歌の制作を依頼してきたのが始まりだった。完成予定日まであとわずかしかなく、扇に与えられた制作日数はわずかに3日だった。しかし一度は突き返されたものの扇は予定日数で作り上げ、清水監督と一瀬プロデューサーの大満足の作品が出来上がった。清水監督はレコーディングに立ち会うほどの惚れ込みようで、「根気強く要求に向き合う彼女の姿勢に、最終的に出来上がった現在の曲には大満足」などというコメントを新聞などのメディアに発表している。
CDのジャケットには、扇愛奈をイメージしたギター少女が人気イラストレーターによって描かれているものがある。「扇愛奈入ります。」では綿矢りさのデビュー作「インストール」のカバーイラストなどを手がけた黒瀧顕が、「輪廻」では海外からトム・バーウィックが、「レトルト」では宝島社刊「Spring」やロッキング・オン社刊「H」などで連載をもつしまおまほがそれぞれ担当している。
3rdシングル「レベルアップ」のプロモーションビデオではお笑いコンビのハリセンボンを起用している。これはタイトルの通り、今後大きくレベルアップして羽ばたきそうな若手芸人とのコラボレートを検討していたときに、扇本人からのリクエストで決定したものである。
スポンサーサイト
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。