2006年08月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 嘉門 洋子(08/21)
  3. 川村 ゆきえ(08/21)
  4. 森田 彩華(08/21)
  5. 角田 光代(08/20)
  6. おぎやはぎ(08/20)
  7. スーパーマン リターンズ(08/19)
  8. 機動戦士ガンダム(08/19)
  9. 東方神起(08/18)
  10. 西岡 剛(08/18)
  11. リオネル・アンドレス・メッシ(08/18)
  12. 高岡 早紀(08/18)
  13. ロナウジーニョ・ガウーショ(08/18)
  14. 黒木 瞳(08/18)
  15. 亀田 興毅(08/18)
前のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

嘉門 洋子

2006.08.21(13:12)
嘉門 洋子(かもん ようこ、本名同じ、1980年3月6日 - )は、女優、アイドル。

石川県金沢市出身。日舞藤間流の名取「藤間恵美」を持っている。2005年12月、ABCプロモーションからメインキャストプロダクションへ事務所を移籍。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

川村 ゆきえ

2006.08.21(13:10)
川村 ゆきえ(かわむら ゆきえ、1986年1月23日 - )は北海道出身のグラビアアイドル、タレント。本名は川村雪絵。

2003年に芸能界デビュー。週刊ヤングジャンプ制コレ2003で準グランプリを受賞。清純系の顔立ちとグラマーな体型により人気を博し、雑誌のグラビア、写真集、DVDなどに多数出演。

2005年にラグスタープロモーションから10-POINTへと所属事務所を移籍するが、ラグスタープロモーションが川村ゆきえに対する権利を主張し、東京地裁へ提訴。10-POINTにおける芸能活動禁止の仮処分命令が下されたことにより、活動が制約されるなどのトラブルに見舞われた。2006年7月に株式会社ジャパン・アート内プロダクションJへと所属事務所を移籍。以降、活動を再開している。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

森田 彩華

2006.08.21(13:09)
森田 彩華(もりた あやか、1988年12月26日 - )は日本の女性アイドルグループ、美少女クラブ31のメンバーであると同時に内部ユニット森田クラブのリーダーである。 オスカープロモーション所属。千葉県出身。

2002年8月、第8回全日本国民的美少女コンテストの本選大会に出場し、2003年5月、NHK月曜ドラマシリーズ「麻婆豆腐の女房」でデビュー。 同年8月、21人組アイドルユニット・美少女クラブ21(当時)の一員として歌手デビューした。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

角田 光代

2006.08.20(14:47)
角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家・翻訳家。 神奈川県横浜市出身。捜真女学校高等部、早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。在学中の1988年、上期コバルト・ノベル大賞を『お子様ランチ・ロックソース』彩河杏の筆名で受賞。当初はジュヴナイル小説だけを著していたが、1990年『幸福な遊戯』にて海燕新人文学賞を受賞し、純文学においても評価を得た。また90年以降は、角田光代の筆名となる。

初期におけるジュブナイル小説家の感性、児童文学者としての側面や20代・30代女性の直面する生活・体調の変化を元にした私小説風の純文学やなど、多彩である。 夫は、第135回芥川賞を受賞した、伊藤たかみ。
未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

おぎやはぎ

2006.08.20(14:46)
おぎやはぎは、小木博明と矢作兼によるお笑いコンビ。プロダクション人力舎所属。1995年にコンビ結成。

特徴
二人とも眼鏡の眼鏡コンビ。世の中にメガネブームを引き起こした人のひとり。まったりとしたスローテンポと独特の言い回しのツッコミ(激しいツッコミはほぼ無い為、ツッコミというよりも「なだめ」「許容と説得」と取ることもできる)で展開される漫才が特徴的。

異常なほどのコンビ愛も特徴とされてきたが、「ロンドンハーツ」の検証で、カメラの回っていない場面ではその異常なほどのコンビ愛は見られず、ネタであることが判明(後に実はカメラが回っていたことを知らせると、必死に弁明していた)。とはいえ、プライベートの旅行で別々にハワイに行ったのにも関わらず、滞在4日中2日一緒に遊ぶ等、決して仲が悪いコンビではない。

元々コントをやっていたが、漫才のみが対象の「M-1グランプリ」に出場するために漫才を覚えたという。(しかし同大会第1回決勝の勝負どころでネタが大滑りし、全10組中ダントツで最下位と言う悲惨な結果となった) 2002年のM1グランプリ決勝では第4位と健闘し、立川談志に「せんた・まんきちを彷彿とさせる」と絶賛された。


つかみには必ず

小木「小木です」
矢作「矢作です」
小木&矢作「おぎやはぎです」
あるいは「おぎやはぎですけど何か?」「おぎやはぎですけど何か質問でも?(もしくは「問題でも?」)」と言い、漫才に入る。

「何か」の部分はたまに変わることがある。例えば、「怪我をしないように頑張ります」や、お正月だと「あけましておめでとうございます」など。

「何か問題でも?」は、長いためかTVでは「何か?」でネタに入るようになったという。


バナナマンと仲が良く、epoch TV square(BS日テレ)で共演したり、合同ライブを行った事もある。 また、矢作はまだ芸人になる前に「天才たけしの元気が出るテレビ」の企画「幸せの黄色いハンカチ」で彼女とよりを戻したいという内容で出演していた事がある。結果よりを戻したがその後しばらくして別れた。

矢作は極楽とんぼの加藤浩次と非常に仲がよく、加藤曰く名前で呼んでくる芸能人は矢作と中山の秀ちゃん(中山秀征)だけとのこと。(秀ちゃんに関しては特別仲良くはないが、なぜか浩次!浩次!と呼んでくるらしい。矢作は浩次君と呼んでいる) また、サッカーゲームのウイニングイレブンが好きで加藤軍団VSロンブー淳軍団で対決したりもしていた。(矢作は加藤側)

またさんまのSUPERからくりTVに出演することが夢だったらしくプロレスラーの中西学が相談者の悩みを解決する「熱いプロレスラー中西学のお悩み相談バーベキュー相談亭」に出演を果たしたがおぎやはぎの冷たいつっこみからか人気は下がっているが明石家さんまは絶賛している。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

スーパーマン リターンズ

2006.08.19(12:53)
『スーパーマン リターンズ』(Superman Returns) は、2006年のアメリカ映画。1987年の第4作から約18年ぶりのシリーズ作品。クリストファー・リーブ主演の全4作の中より第2作目のスーパーマン II/冒険篇から5年後のストーリーを継承した設定となっている。

ワーナーブラザーズ製作。製作は2005年2月に始まり、2006年6月28日アメリカ公開。日本公開は8月19日予定。
映画 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

機動戦士ガンダム

2006.08.19(12:52)
『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ(現・サンライズ)が制作し名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメ。「ガンダムシリーズ」の第一作である。テレビ朝日系で毎週土曜日17:30 - 18:00にて1979年(昭和54年)4月7日から1980年(昭和55年)1月26日にかけて、全43話が放送された。

それまでのロボットアニメに、戦場を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「モビルスーツ」とよばれる一種の兵器として扱う設定とを導入したことでその変革の先駆けとなり、後に「リアルロボット」と称される大きな潮流を作った作品である。それらの要素が10代以上の視聴者を中心に人気を博し、1981年から1982年にかけて劇場用アニメーション映画3部作として再編・上映された。本作は「ガンダムシリーズ」の第一作であることから、ファンからはファーストガンダム(最初のガンダム)と呼ばれている。
アニメ・マンガ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

東方神起

2006.08.18(12:20)
東方神起(とうほうしんき、ドンバンシンギ)は、韓国の5人組の歌手グループである。コーラス、アカペラ、ダンスを見事にこなす平均年齢19歳のスーパーボーイズグループ。平均身長180cm。メンバー全員がリードボーカルを務めるほどの歌唱力を持つ。

2004年2月にシングル「Hug」でデビュー。トップスターの仲間入りをし、2005年4月に「Stay With Me Tonight」で日本デビューを果たす。最近では俳優など多方面での活躍も見せ、現在日本を中心にアジア各国へ進出中。V6とイベントのライブで共演もしている。

2004年9月8日、韓国統監府初代統監だった伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)を称える『安重根義士記念事業会』にカンタ、BoAと共に5000万ウォンを寄付した。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

西岡 剛

2006.08.18(12:18)
西岡 剛(にしおか つよし、1984年7月27日 - )は、大阪府大東市生まれ、奈良県奈良市育ちのプロ野球選手。千葉ロッテマリーンズ所属。ポジションは内野手(遊撃手、二塁手)。右投げ両打ち。背番号は7。

高校時代は主に二塁手だったがプロ入り後は遊撃手もこなすようになる。出身校である大阪桐蔭には「西岡2世」と呼ばれる謝敷正吾がいる。

来歴
座右の銘は「先憂後楽」(せんゆうこうらく)。
平城東中学校時代に「郡山シニア」で全国大会出場。
2002年 大阪桐蔭高校の3年生主将・4番打者として夏の甲子園出場。しかし初戦の東邦高校に敗退。高校通算42本塁打。ドラフト1巡目で千葉ロッテに1位指名され、入団。同期には浅間敬太、金澤岳、早坂圭介ら。
2003年 球団初となる野手高卒ルーキー開幕1軍。
2004年 スイッチヒッターに転向して頭角を現す。
2005年 シーズン開幕戦ではスタメンを外された。2戦目の対楽天戦で26-0の記録的圧勝。その年は41盗塁で盗塁王を獲得。この時のベストナイン二塁手部門は堀幸一、ゴールデングラブ賞遊撃手部門は小坂誠(現巨人)であり、西岡とローテーションで二遊間を組んでいた二人である。
2006 ワールド・ベースボール・クラシック、2次リーグ・アメリカ戦での世紀の大誤審の際にタッチアップしホームインしたランナーが西岡である。
2006年5月26日、セ・パ交流戦で巨人との1回戦では初回に2盗した後、3盗も決めるなどセンスの高さを見せ付けた。さらにはその後の福浦の内野ゴロで俊足を飛ばし得点した。
2006年6月、TBS系恋愛番組「恋するハニカミ!」で1月にデートした、タレントのさくらとの交際が発覚。周囲が気を利かせたのか本人の希望かは不明だが、千葉ロッテの試合で西岡が第二・四打席目のバッターボックスに入る際のテーマ曲が「恋するハニカミ!」の主題歌である福山雅治の「milk tea」になっている。
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

リオネル・アンドレス・メッシ

2006.08.18(12:14)
リオネル・アンドレス・メッシ(Lionel Andrés Messi, 1987年6月24日 - )は、アルゼンチン共和国サンタフェ州ロサリオ市出身、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属するアルゼンチン代表のサッカー選手。身長169? / 体重66?。左利き。ポジションはFW。

成長ホルモンの異常を抱え、治療費を工面する為に13歳でFCバルセロナの入団テストを受験し、合格。テスト時に見せたテクニックは、当時のカルロス・レシャック監督を驚かせ、「天才」と言わしめたという。この時の身長は143?だった。

合格後は同クラブが治療費を全額負担し、現在は一般的な身長まで成長するに至った。

2004-2005シーズン第7節のRCDエスパニョール戦でプリメーラ・ディビシオン・デビューを果たすと、同シーズン第34節のアルバセテBP戦で初ゴールを決めた。17歳と10ヶ月7日で決めたこのゴールは、FCバルセロナの最年少得点記録となっている。

2005年に行われたFIFAワールドユース選手権では、U-20アルゼンチン代表としてチームを優勝に導いた他、自身も6得点を挙げ、得点王と大会MVPも獲得した。

2006 FIFAワールドカップドイツ大会予選リーグC組 対セルビア・モンテネグロ戦にてアルゼンチン代表として、 最年少初出場・最年少初アシスト・最年少初得点を成し遂げた。

フランク・ライカールトからは「バルセロナの将来」と呼ばれている。

マラドーナ2世と呼ぶ声も多い。他にもマラドーナ2世と呼ばれる選手は多々いるが、マラドーナ本人が認めたのはメッシただ一人である。

スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

高岡 早紀

2006.08.18(12:13)
高岡 早紀(たかおか さき, 1972年12月3日 - )は神奈川県藤沢市出身の日本の女優。本名は高岡佐紀子。フロムファーストプロダクション所属。堀越高等学校卒業。血液型A型。

略歴
高校在学中の1988年の4月、岡田眞澄と共演した「マドラス」のCMでデビューすると同月30日にはビクターレコードより「真夜中のサブリナ」で歌手デビューを果たす。1989年「cfガール」で映画デビュー。1990年に出演した「バタアシ金魚」で本格的に女優としての道を歩み始める。1995年から放映された、「アパガード」のCMでは俳優の東幹久との共演を果たし「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズを流行させる。

翌1996年にはテレビドラマの共演が切っ掛けで知り合った俳優の保坂尚輝と僅か4ヶ月の交際を経て結婚。2男を出産するも一部のマスコミからは不仲説が報じられるようになる。当初は保坂の女性関係などが原因とされていたが、2004年6月にギタリストである布袋寅泰との不倫の様子が写真週刊誌フライデーに報じられると間もなく離婚が成立した。離婚後半年間の同居を経て完全別居。親権は保坂尚希・教育は高岡早紀。子供達とは高岡が一緒に生活している。

ジャズピアニストの山下洋輔は叔父にあたる。また、義弟に元サッカー日本代表で、Jリーグ・鹿島アントラーズに所属するキャプテンの本田泰人を持つ。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ロナウジーニョ・ガウーショ

2006.08.18(12:12)
ロナウジーニョ・ガウーショ(Ronaldinho Gaúcho, 本名 ロナウド・ジ・アシス・モレイラ:Ronaldo de Asiss Moreira, 1980年3月21日 - )はブラジル・ポルト・アレグレ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィルダー(主に1.5列目)。2006年現在、スペインのFCバルセロナに所属している。

ロナウジーニョは「小さなロナウド」の意味で、入団当時、代表に既にロナウドがいたのでこの愛称で呼ばれている。また、ガウーショとはカウボーイを意味し、ブラジル国内では南部地域、とりわけリオグランデ・ド・スル州とサンタカタリナ州出身の男性(気質)を強調する際に用いられる語である。ブラジルでは、ロナウドをFenômeno(フェノーメノ、鬼才、転じて「怪物」)、ロナウジーニョをGaúcho(ガウーショ、ロナウジーニョ・ガウーショ)と呼び区別している。 2006年には、ゴマブックスから人生を叙事的につづった『ロナウジーニョ The Smiling Champion』が出版された。
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黒木 瞳

2006.08.18(12:11)
黒木 瞳(くろき ひとみ、本名:伊知地 昭子(いちじ しょうこ【旧姓:江上】)1960年10月5日 - )は、日本の女優。身長は163cm。宝塚時代の愛称はショウコ。

元宝塚歌劇団月組トップ娘役。芸名は出身地の福岡県八女郡黒木町(くろぎまち)出身に因んで五木寛之が命名した。

略歴
八女高校在学時映演部長として九州大会進出。 卒業後の1979年4月に、宝塚音楽学校に入学。1981年に宝塚歌劇団に入団し『宝塚春の踊り』で初舞台。宝塚時代の同期には、北原遥子、真矢みき、涼風真世、毬藻えりらがいる。

下級生時代、1982年1月より朝日放送の情報ワイド番組『おはよう朝日です・土曜日です』に北原とともにレギュラー出演、レポーターなどをこなした。

入団2年目(研2)の時に史上最速出世記録で、大地真央の相手役として月組トップ娘役に就任。

黒木のトップ就任については技量の未熟さや時期尚早ではとの異論もあったが、顔が小さく男役としては細身だった大地が、同じく顔が小さく華奢、さらに「おはよう~」で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目、相手役にしたいと申し出て就任が実現したという。
『あしびきの山の雫に』『シプーレット』『ガイズ&ドールズ』などに出演。

1985年に『二都物語/ヒート・ウェーブ』で大地の退団、それに伴う後任男役トップ剣幸が相手役にこだま愛を指名したことなどから黒木は同公演の東京公演を最後に退団、女優に転進した。
芸能人・タレント | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

亀田 興毅

2006.08.18(12:08)
亀田 興毅(かめだ こうき、1986年11月17日 - )は、プロボクサー。左ファイターボクサー。亀田史郎の息子で、ボクシング家族である亀田三兄弟の長男。亀田大毅、亀田和毅は弟。階級はライトフライ級(フライ級から転級)。最高位はWBAライトフライ級世界王者(フライ級4位)、WBCフライ級世界4位。プロ戦績2006年8月2日現在12戦全勝(10KO)(実はアマチュアで一敗している)。血液型はB型。ニックネームは「浪速乃闘拳」(なにわのとうけん)。
スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
前ページ | ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。